今や空前のペットブーム!ペット連れの交流にレンタルルームを利用しては?

ペット同伴で旅行も!交流会のメリット

ペットを連れて旅行したい

ペットを連れて仲間と旅行出来たら素敵ですね。
2000年代以降、犬の室内飼育が主流となり、犬小屋と、そばにつながれた犬という光景を見かけることが少なくなりました。
そして家族の一員として人間と寝食を共にすることが普通になりました。それに伴い、旅行にも愛犬・愛猫を連れていきたい飼い主が増えてきました。
そして、15歳以下の子供の人口よりもペットの数のほうが多いという今、高級旅館・ホテル業の方もそこに目をつけ、ペット向けのサービスを展開するところが多くなっています。改装して室内ドッグランを設けてみたり、犬用・猫用メニューを用意するところもあります。犬が入れる温泉がある和風温泉旅館もあります。
泊まる際は部屋を汚さないようにするなど、マナーを守って、トラブルになるようなことは避けたいですね。
トイレや無駄吠えのしつけも重要でしょう。

ペット主体で考える

ペットを連れての交流会について考えてきましたが、交流会を開くとペットと飼い主にとってどんないいことがあるのでしょう。
飼い主は、飼育の上のいろいろな相談ができたり、お互いのペット自慢も楽しいでしょう。自宅と違い、インテリアが素敵だったり、設備が整ったキッチンで料理が出来たり、バーベキューを楽しんだり、レンタルルームそのものを楽しむことも目的になりますね。
ペット同士では、子犬だったら社会性を身につけ、他の犬と慣れることができます。犬同士で遊ぶことは、人間と遊ぶのとも全然違い、とても楽しい経験なのだそうです。
ただし、ペットにも性格や相性があるので無理に他の犬と交流させようとしないようにしましょう。あくまでペット主体で考えてあげましょう。


この記事をシェアする